カラオケ音源を使用した際の「著作権侵害の申し立て」について

カラオケ音源を使用して制作した動画に「著作権侵害の申し立て」をされた場合の対処法です

※原曲を使用している場合や、音源制作者に許可を取っていない場合は使えません
何が起きても自己責任です

YouTubeの「著作権侵害の申し立て」は申し立てタイプというものがあり、それぞれ対処法が異なります

1. 音声の申し立て

原曲の音声を使用していると認識されています

原曲を使用しておらず、楽曲制作者の許可を得ているのであれば、異議申し立てができます

私のカラオケ音源であれば、異議申し立てから「ライセンス」を選択し、

「Katsuhideが制作・演奏した音源を使用し、原曲は使っていない」という旨を記入していただければ大丈夫です。

動画のURLを貼っておくと、ブロックは解除されやすくなるかもしれません。

2. 楽曲の申し立て

カバー楽曲として認識されています

この場合は異議申し立ての意味がありませんので、そのままで大丈夫です

基本的には著作権者と収益が分配される形になります

以上、カバー楽曲に対する「著作権侵害の申し立て」の対処法でした

もしよろしければカラオケ動画の閲覧をお願いいたします!

Katsuhideが制作したカラオケ音源

プレイリスト(YouTubeリンク)

Posted by Katsuhide